トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし-2

治療費と期間 ・・・ 治療には年数が、気長にゆっくり、再発しないよう

病気が治るまでの期間は、病気の種類や程度によってさまざまですが、通常は1年から2,3年はかかると思ってもらうといいでしょう。

うつ病の治療では、「不安といらいら」がまず消え、次に「ゆううつ感」が和らぎ、治療後3カ月〜半年で「おっくう感」だけが残る段階になる。この段階になれば仕事復帰を見据えた治療を始めることになるでしょう。

治療中は休職している上に治療費もかかる、家計が続くがが心配ですが、日本は外国に比べ薬価が高いですが、精神疾患への社会的援助は進んでいます。 病院を通じてソーシャルワーカーが相談に乗ってくれます。

医療費の自己負担が軽くなる自立支援医療制度の利用、障害年金の受給など長く治療を続けるための支援があります。

自己判断で薬の服用を止めてしまうと再発のリスクが飛躍的に高まるので大変危険です。心の病気は治るまで年数がかかり、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に回復に向かうものです。何事も医師に相談しながら焦らずに気長に考えてください。

 

自立支援医療(精神通院医療)とは

精神疾患で通院による精神医療を続ける必要がある病状の人に、通院のための医療費の自己負担を軽減する制度。ただし、入院医療の費用は対象外。病院や診療所以外でのカウンセリングなど医療保険が対象とならない治療や投薬の費用は含まない。

3割負担が1割負担になり、所得に応じて1カ月当たりの上限額も設けている。

申請は、各市町村の担当窓口へ。

  • (障害福祉課、保険福祉課など)

申請に必要な書類

  • 自立支援医療(精神通院医療)支給認定申請
    ・・・ 市町村等(医療機関等に置かれている場合も)
  • 医師の診断書
    ・・・ 通院している精神科の病院・診療所で記入してもらう
  • 世帯の所得の状況等が確認できる資料
  • 健康保険証
  • その他
    (自治体によって必要書類が異なることがあるので、市町村の担当課や精神保健福祉センターに問い合わせる)

こちらも参考にしてください。

こころのはなし-2 (1)こころのはなし-2 (2)こころのはなし-2 (3)こころのはなし-2 (4)
こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ